メニュー

その他

公園から帰りたくない!問題

2021.09.03

こんにちは!

こどもやスタッフひとみです^^

外出が制限されている今、子どもたちとどこで遊ぼう〜
と悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。。


私は近くに小学校があるので、よくお散歩したり運動場を駆け回らせてもらったりしていますが、
やはり遊具がある公園の方が子どもたちにとっても魅力的。。


ということで、
人が少なさそうな時間を狙って、もしくは人が少ない公園を探して公園遊びをよくしています☺︎

公園といえば。。
公園から帰りたくない!!問題。



子どもの意思を尊重したいけど、
大人の時間の都合もあり、意見の衝突が起きますよね(^^;)

今日は長男が小さい頃の自分に自戒を込めて、
「終わりの時間を決めるお手伝い」ことについて書こうと思います☺︎

長男が小さい頃
公園に着くと車から降りる前に帰る時間をお約束していました。
「帰りましょうの音楽が鳴ったら、帰ろうね」


音楽を合図にすんなり帰れないかな〜
という大人の勝手な期待があったんですね。

いざ、音楽が鳴っても、

力尽きるまで遊びたいお年頃の長男はもちろん「帰らない!!」を発動。。


(次男の帰りたくないアピール笑)


(ふうふやのアズさんの次女ちゃんも帰りたくなーい!中です^^笑)



「泣いても喚いてもママが帰るって言ったら帰ります!」


「音楽鳴ったら帰るって約束したでしょ!」


と鬼の形相で連れて帰ってました。。お恥ずかしい。



とにかく気合いで、帰る時間を教えようと思っていた時代。



今考えると、
すんなり帰れるように「終わりの時間を決めるお手伝い」をしてあげたらよかったな。

2歳の頃の長男、ごめんね。


その頃の反省もあり、

3歳ごろからは「終わりの時間を決めるお手伝い」を始めました^^


モンテを学んで、「子どもを尊重すること」を意識して、
まず私が辞めたのは、


「公園に行く前から帰る時間を約束しないこと」


です!!


なので、私は公園で遊ぶ時間を中心に予定を調整しています笑


大人は上手に時間調整ができる生き物なんだから!と思い直して、
時間調整がうまくできない子どもに時間調整をすることを押し付けることをやめました。



大事な用事は公園に行く前に済ませておいて、
公園の後の用事はどう転んでも大丈夫なものしか入れません。

(我が家の公園後の予定は、お風呂とお夕飯だけです笑)





そして、
思いっきり遊んだかな〜とタイミングを見計らい、

終わりの時間を決めてもらっています。
(次男は回数にしています)


「そろそろお夕飯の時間だから帰る時間決めようか〜」

「ママはお夕飯を6時半には食べたいから、5時30分までには帰りたい」
と時計を見せながら伝えます^^


「うーん、じゃあ長い針が9!!」

「それだと、ママの時間は確保できないから、長い針が、3から6の間で選んで欲しいな」

「じゃあ。。長い針が5!」

「よし!じゃあ5まで思いっきり遊ぼ!」

(内心、5分早まった!ラッキー!となります笑)


という感じで、主導権を子どもに渡しつつ、ママの時間の都合もしっかり伝えます^^


どうして長い針が9だとダメなのか?
をしっかり説明する手間を省かないことを大切にしています♡


終わりの時間を決める時に一方的に親の都合を押し付けず、
お互いのことを尊重できるように、と思って試行錯誤しました!


今のところはこれでうまくいっていますが。。。
最近は公園が混み合ってきた時はこれまた悩みどころ。。。


下手な説明でコロナウイルスに対する偏見は植え付けたくないしなぁ。

親としてもそうですが、1人の人間としての器量も試されている気がする。


先日は、
公園にたくさん人が集まったら心配になってくるから、
たくさんになったら帰ろうと思うんだけど、たくさんって何人くらいだと思う?



と、3人でディスカッションをして、

公園の子どもの人数が10人になったら帰ろうね!と決めてみました^^


数の敏感期に入った次男は、
遊具で遊ぶことよりも数える方が楽しかったみたいで、滑り台の上で楽しそうに数えてました笑